副業からメルカリを始めて成功した物販ビジネス

現在輸入ビジネスで月収100万円以上を稼いでいます。 その経験を活かしてメルカリ、ヤフオク、BASE、Amazonなど物販ビジネス全般でお悩みの方、これから始められる方の参考になる記事を書いてサポートいたします。 また、お小遣い稼ぎ程度で気軽に行える副業についてもご紹介しております。

副業でメルカリを始めて成功した物販ビジネス

【ヤフオク】売れない理由はSEO?効果的な方法を紹介!!

 

f:id:nikaidonet:20171114104338j:plain

 

ヤフオクはオークションサイトやフリマアプリの中では圧倒的に稼ぎやすいプラットフォームです。私もネットショップ運営の傍らメルカリやヤフオクを利用していますがそれなりの利益をだしています。

 

最近ヤフオクでの売り上げを画像付きで公開した記事がこちらです。

nikaidonet.hateblo.jp

 

そんな稼ぎやすいと言われているヤフオクですが、その反面全く売れなくて悩んでいる方も大勢います。

 

もちろん仕入れている商品がよほど需要がないものはいくらヤフオクでも売れないと思いますが、多少のリサーチを行って仕入れた商品であれば売るためのコツさえ掴んでしまえば売ってしまうことは可能です。

 

今回はヤフオクの特徴を理解することで気付いた、売るためのコツの1つであるヤフオク内SEOについてご紹介します。

一般的なSEOとは

 ウェブサイト制作において、しばしば耳にする「SEO」。 ... SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」という意味です。 つまり、GoogleやYahooなどの検索エンジン(検索サイト)で、特定のキーワードで検索した際に上位に表示されるための対策のことです。 引用元 http://sosus.info/002/01/

 

自身のウェブサイトを運営している人はこのSEO対策に日々悩まされています。SEO対策を専門としてしている業者もいるくらい奥が深いもので始めたばかりの人では到底太刀打ちすることができません。

 

ヤフオクにもSEOがある

先ほど説明したSEOほど複雑なものではありませんが、ヤフオクで商品を出品していく中でもSEOは存在しているのはご存知でしょうか?

f:id:nikaidonet:20171114112932p:plain

 

ヤフオクで商品を探す場合は画像赤枠の検索窓からキーワードを入力して検索する場合がほとんどです。

 

そのため非常に単純なことなのですが商品を売るためには、いかにこの検索キーワードに引っかかるかが重要となります。膨大な出品量の中でこの検索キーワードを意識しなければ自信のある商品であっても商品の露出が少なくなってしまいます。

 

ヤフオクSEOの誤った対策方法

f:id:nikaidonet:20171114114339p:plain

ヤフオクで検索されたキーワードに引っかかるのは、商品タイトルのみです。

 

長年ヤフオクを利用している人であればご存知の方も多いと思いますが、ヤフオク初心者の方は気付いていない場合があります。特に物販をメルカリなどのフリマアプリから始め、その後ヤフオクに参入した人は勘違いしている可能性が非常に高いです。

 

その原因としては、ヤフオクと違いメルカリなどのフリマアプリは商品タイトル以外にも商品説明文も検索の対象となっているからでしょう。

f:id:nikaidonet:20171114121240j:plain

こちらはメルカリで出品されていた商品の一例になります。商品説明にかなりのキーワードが羅列されていますが、メルカリはこの手法でキーワード検索に引っかかりやすくなってしまうのです。

 

このように関係のないキーワードを羅列している出品者が非常に多く見られるため、検索結果では関係のない商品が表示されることもしばしば、、

 

※メルカリでは商品説明のキーワードの羅列は規約違反です。

 

ヤフオクSEOに効果的な手法

さて、ヤフオクのタイトル内という少ないスペースで、より効果的にSEO対策を行う方法をご紹介します。

 

ヤフオクの文字数

f:id:nikaidonet:20171114123723p:plain

 

ヤフオクでのタイトル文字数制限は30文字でしたが、現在は65文字に変更されています。以前から30文字は少ないと問い合わせが非常に多かったようです。

 

30文字で如何に重要なキーワードを並べるかが重要となっていましたが、65文字制限になってからは思いつくだけのキーワードを並べていっても文字数をオーバーすることは少ないでしょう。

 

キーワードの配置順

f:id:nikaidonet:20171114155809p:plain

先述したように文字数制限の緩和によりキーワード選定について難しく考える必要はなくなりましたが、キーワードの配置順には気を配りましょう。

 

65文字という長いタイトルの中重要になるキーワードが先頭ではなく他のキーワードに混じっていては一瞬でどんな商品なのかが理解しづらくなります。

 

例、

新品未使用 メンズジャケット ブラック ウール素材 フルジップ トップス ジャンパー 

 

このように商品の状態や使用されている素材、商品のジャンルなどをタイトルの先頭に並べておくことで購入者は一目で理解することができます。

 

また、トップスやジャンパーなどは出品物であるジャケットを探す際に非常に検索されやすいため採用度はかなり高いキーワードになりますが、わざわざ目立たせる必要がなく優先度は低めです。

 

関連するキーワードを考える

出品する商品がジャケットの場合、商品タイトルに「ジャケット」と記入することは当然ですが、それだけだとジャケットをピンポイントで探している人にしかアピールすることができません。

 

そこで、検索流入の入り口を増やすために出品商品に関連するキーワードを入れることが重要になります。

 

ジャケットであればトップスジャンパー

スニーカーであればシューズ

 

因みに、少しでも関連するキーワードであればどんどん記入するほうが有利なのですが、商品に全く関係のないキーワードを入れることは控えてください。

 

※ヤフオクの利用規約で出品物に関係のない単語を入れることは禁止されています。

 

 

 ヤフオクでSEOを気にしない出品方法

これまでヤフオクで売るためにSEOについてお話してきましたが、ヤフオク内のSEOをそれほど意識せずに出品できる方法があります。

 

それがヤフオクフリマモードでの出品です。

nikaidonet.hateblo.jp

f:id:nikaidonet:20171114164844j:plain

 

画像のようにフリマモードで検索するとフリマ出品を行っている商品新着順で表示されます。メルカリなどのフリマアプリと同じシステムですね。

 

このフリマ出品のおかげで、ほぼ100%を占めていた検索キーワードからの流入に加えてカテゴリ別の新着表示からの流入を見込めるようになりました。

 

おまけ【価格設定】

ヤフオクSEO対策に加えて適切な価格設定を行うことで更に売れやすくなります。

ヤフオク内で同じジャンルの商品を検索して落札相場を調べる方法もありますが、「オークファン」というサイトを使用してより落札相場を短い時間でリサーチすることができます。

 

出品者にはもちろんおすすめですが、買いたい商品がある場合でも最安値のリサーチが行えるので無料で登録しておいてもいいかもしれません。

オークションの落札相場ならオークファンに登録! 月額324円が今なら初月無料!

 

 

  check!
  • ヤフオクにもSEO対策は必要
  • キーワード検索の対象は商品タイトルのみ、商品説明は一切検索ワードには引っかからない。
  • なるべく商品に関連するキーワードをタイトル65文字いっぱいに並べる
  • タイトル構成は素材や商品名を先頭に配置し、見せる必要はないが関連性のあるキーワードを後ろの方に配置する。
  • SEO対策に合わせて適正な価格に設定することで更に売れるようにしてくれるツール「オークファンを活用する」