副業からメルカリを始めて成功した物販ビジネス

現在輸入ビジネスで月収100万円以上を稼いでいます。 その経験を活かしてメルカリ、ヤフオク、BASE、Amazonなど物販ビジネス全般でお悩みの方、これから始められる方の参考になる記事を書いてサポートいたします。 また、お小遣い稼ぎ程度で気軽に行える副業についてもご紹介しております。

副業でメルカリを始めて成功した物販ビジネス

かんたん着払い!ゆうパケットのお届け日数や料金・送り方を徹底紹介!!

 

f:id:nikaidonet:20170823174133j:plain

ゆうパケット

フリマアプリやネットショップを利用している方であれば、一度は使ったことがあるのではないでしょうか?

小物などの小さな荷物の発送に適しており、送料も非常に安価で人気のある発送手段になります。

 

ゆうパケットは送料相手負担の着払いにも対応しているため、もしものために利用方法は覚えておくといいでしょう。そこで今回は、ゆうパケットの通常配送はもちろん着払いの方法までご紹介します。

 

ゆうパケットの送料は厚さで決まる

f:id:nikaidonet:20180328124604p:plain

表のように厚さが1㎝増すごとに送料が高くなり、1㎝250円が最も安く、3㎝350円が最も高額になります。

f:id:nikaidonet:20180328124801p:plain

厚さ以外に荷物の3辺の合計が60㎝以内でなければ、ゆうパケットで発送することはできません。また、上記画像Aの部分は最大で34㎝、Cの部分は最大で3㎝に抑える必要があります。

 

宛名書きは専用の宛名シールが必須!

f:id:nikaidonet:20180329133517j:plain

ゆうパケットの宛名書きは封筒などに直接記入する方法ではなく、写真のような宛名シールが必要になります。宛名シールは全国の郵便局で無料で貰うことができるため、頻繁に発送を行う方は多めに貰っておくといいでしょう。

 

ゆうパケットは郵便局かポストから発送

発送の方法は全国の郵便局窓口もしくは屋外、コンビニに設置されている郵便ポストから発送することができます。

 

ポストから発送する場合は、必ず切手を貼り付けてください。

 

嬉しい追跡サービス

f:id:nikaidonet:20180329134712j:plain

自分が発送した商品が今どこにあるのか?を調べることのできる追跡サービスを利用することができます。 利用方法は、郵便局ホームページ で画像赤枠の番号を入力するだけで簡単に調べることが可能!

 

郵便局の窓口から発送した場合は、直後から追跡サービスを利用できますが、ポスト投函の場合は、追跡番号の反映までの少々お時間がかかります。

 

気になるお届けまでの日数は?

f:id:nikaidonet:20180328131027p:plain

http://www.post.japanpost.jp/service/yu_packet/

 郵便局の公式ホームページでは「おおむね差出日の翌日~翌々日にお届けいたします」と記載されています。

 

私がこれまで使用した感覚では、極端に近い地域であれば翌日に届くことも多々ありました。しかし、少し離れた地域になるとお届けまでにおよそ2~3日かかることがほとんどだったため、2~3日必要と考えておくべきでしょう。

 

ゆうパケットの送り方をご紹介

 それではゆうパケットの送り方を詳しく解説していきます。

f:id:nikaidonet:20180329133504j:plain

まずお近くの郵便局窓口で「ゆうパケットの送り状をください」と伝えて送り状を受け取ってください。何枚必要か聞かれるので頻繁に利用する方は送り状自体は無料なので、少し多めに貰っておきましょう。

f:id:nikaidonet:20180329133517j:plain

貰った送り状に手書きでお届け先、ご依頼主を記入。

f:id:nikaidonet:20180329135810j:plain

送り状はシールになっているので記入ができたら梱包した荷物に直接貼り付けてください。貼り付ける場所は荷物表面のちょうど真ん中あたりが一般的です。

f:id:nikaidonet:20180329140814j:plain

こちらは追跡サービスに必要な番号控えなので相手に届くまでは大切に保管してください。 

 

以上がゆうパケットを利用するための準備方法でしたが、ご紹介する必要もないほど簡単ですね。

 

あとは、郵便局窓口へ持っていけば発送は完了になります。

 

窓口ではなく、郵便ポストへ投函する場合は、必ず送料分の切手が必要になるので忘れずに貼り付けてください。

 

ゆうパケットは着払いも可能!!

ゆうパケットは、配送方法の中でも数少ない着払いに対応しています。

日本郵便の公式ホームページにはゆうパケットで着払いを利用する手順が記載されていなため、こちらで着払いを利用するまでの手順を紹介していきましょう。

f:id:nikaidonet:20180329140752j:plain

 郵便局窓口、郵便ポストどちらからの発送の場合でも、写真のように荷物表面の任意の場所に【着払い】と記入してください。

 

荷物のサイズが小さい場合や、デザイン的に荷物への記入をしたくない場合は、送り状のどこかに分かりやすいように【着払い】と記入しても問題ありません。(郵便局へと確認済み)

f:id:nikaidonet:20180329141915j:plain

あとは、郵便局窓口もしくは郵便ポストへ投函するだけで完了です。

 

送料着払いを利用する際は、トラブルを避けるためにも、着払いを利用する旨を予め相手に必ず伝えておきましょう。

 

コストを抑えて100均の資材で梱包

f:id:nikaidonet:20180326195907j:plain
f:id:nikaidonet:20180326195934j:plain

これまで様々な配送方法をご紹介してきた中で何度もおすすめしているのが、このクラフト素材の紙袋です。封筒に比べると厚めの素材になっており、広めのマチが付いているおかげでゆうパケット上限サイズである、3cmの品物も送ることができる優れもの! 

 

サイズによって異なりますが、数枚のセットで販売されています。

 

ゆうパケットに適した箱を安価で購入

壊れやすいものなどを発送するから紙袋ではなく、箱のようなもので送りたい。

そんな方にはゆうパケットに対応している箱が郵便局でも気軽に購入することができます。

 

しかし、郵便局で購入できる箱は割高なため、コストをなるべく抑えたい方には、ダンボールワン というダンボールを専門に販売している通販サイトを利用しましょう。

 

現在ではクリックポストの方がお得に発送ができます

ゆうパケットも十分に安くて使用しやすい配送方法ではありますが、現在ではゆうパケットと同じサイズで厚さ3cm以下であれば全国一律164円で送ることのできる、クリックポストというサービスの方がお得に使用することができます。

 

ただし、クリックポストの場合はクレジットカード決済のみで着払いでの発送ができないため、着払いの際はゆうパケットを利用しましょう。