副業からメルカリを始めて成功した物販ビジネス

現在輸入ビジネスで月収100万円以上を稼いでいます。 その経験を活かしてメルカリ、ヤフオク、BASE、Amazonなど物販ビジネス全般でお悩みの方、これから始められる方の参考になる記事を書いてサポートいたします。 また、お小遣い稼ぎ程度で気軽に行える副業についてもご紹介しております。

副業でメルカリを始めて成功した物販ビジネス

【建設業】きつい・辛い現場仕事の一日の流れ

 

f:id:nikaidonet:20171124142834j:plain

 

現在ネットビジネスで生計を立てられるようになった私ですが、ネットビジネスを始めるまでは建設業に努めていました。

nikaidonet.hateblo.jp

 

建築業(現場作業)はきついけど需要がある職業

f:id:nikaidonet:20171124143303j:plain

 

建設業(以下現場作業)は皆さんが想像している通り肉体的に非常にきつい職業です。

きついイメージがある一方で働くまでのハードルが非常に低いため、そんなきつい肉体労働であっても稼ぐための選択肢に選ばれやすい職種でもあります。

 

長期間、短期間の労働を問わず、ほんの数分の面接で即採用されるような世界です。

※履歴書と会社までの移動手段があれば本当にだれでも採用してもらえます。

 

初めて現場仕事で働く不安

f:id:nikaidonet:20171124143315j:plain

そのきついイメージから実際に現場仕事を始めるとなると不安が大きく、

「建設業 作業内容」と検索されている方が多いようです。

 

また、中には「現場仕事 筋肉」と検索する方もいるほど、作業内容を気にしていることがわかります。

 

しかし、作業内容を調べたところでその日に行う作業や会社、建築物によって大きく異なってきます。工場のライン作業のように毎日同じことの繰り返しというわけではありません。

 

わざわざ下調べを行ったのに実際の作業内容と違った!なんてことになりかねません。

 

予め知っておくことで不安を解消!現場仕事に共通する一日の流れ

f:id:nikaidonet:20171124143333j:plain

それでは事前に現場仕事について把握することはできないのでしょうか?

 

タイトルにもある通り、現場仕事では一日の流れが基本的に共通しているので、そこを予めしっかりと把握しておくことで一日の不安は大きく解消されるはずです。

 

私の経験や知人の話から、建設業(現場仕事)の全てがこの流れと言っても過言ではないはずです。

 

朝は早起きが基本

現場仕事の朝はかなり早いです。

一度会社に集合し、乗り合わせて作業現場に向かうことが基本的なので会社に7時集合、作業現場が遠ければ6時集合なんてことも多々あります。

 

朝が強い人はそれほど苦痛ではないと思いますが、朝が弱い私はこれが一番の苦痛でした(笑)

 

ちなみに、派遣や日雇いであれば作業現場に直接集合が多いため、余程遠い場所でなければそこまで早起きをする必要はありません。

 

会社集合後、その日の作業現場へ向かう

就業開始である8時少し前に到着できるよう会社に集合します。

 

朝が早く家で朝食をたべる時間がないため、作業現場に向かう途中のコンビニで朝食を買うことが基本です。朝早くにコンビニに行くと、作業服を着た人をよく目にしませんか?

 

ここで昼の弁当を買っていく会社もあるようですよ。

 

約8時間の勤務

就業時刻は8時です。

ここから昼の休憩45分~1時間を挟んで終業17時までの約8時間勤務になります。

 

作業内容によって昼休憩の時間がずれることもありますが、ただでさえ過酷な肉体労働なので昼休憩がなくなることはまずないでしょう。

 

勤務中の休憩時間と回数

昼休憩を除いた8時間勤務ですが、その他にも小休憩が2回存在します。

 

1回目は午前10時から約10分~30分

2回目は午後15時から約10分~30分

 

このように上記の小休憩のおかげで約2時間刻みの作業となり、肉体労働でも意外と楽に切り抜けることができます。

 

実際の作業時間

8時~10時(2時間)

10時半~12時(1時間半)

13時~15時(2時間)

15時半~17時(1時間半)

 

通常勤務後の残業

通常の17時まで勤務しても残業があればそのまま作業が続行されます。

一度17時に小休憩を挟むこともありますが、そのまま作業することが多いです。

 

私が勤めていた会社を含め、今まで知り合ってきた会社のほとんどが毎日1~2時間の残業が当たり前になっていました。

 

また、仮に17時に作業が終了したところで道具の片付けなどで結果的には作業現場を出るのは18時頃になります。

 

※16時半から片づけを開始して17時までには現場を出る会社も少なからずあります。

 

帰社後

作業現場から帰社後、その日に使った道具の片付けや、ゴミの処理などを行います。

早く帰宅するために翌日の朝にこの作業を行う会社もあります。当然退社は早くなりますが、翌日の出社もはやくなります。

 

派遣や日雇いで自身で作業現場にきている人は、作業現場を出るタイミングでその日の勤務が終了となります。

 

現場仕事はこの流れが本当に基本的です。

現場仕事は本当にこの流れが基本的ですので、初めて働く人はぜひ頭に入れておくことをおすすめします。 

 

  check!
  • 起床は早い時で6時、退社は遅い時で20時
  • 勤務時間は午前と午後で約8時間
  • 昼休憩の他にも小休憩10~30分が2回
  • 作業現場での勤務が終了しても帰社後に道具の片付けやゴミの掃除がある
  • 力を使う肉体労働でも約2時間刻みで休憩ができるため想像程、過酷ではない

 

 ↓↓↓【期間限定】任天堂スイッチが貰える!↓↓↓