副業からメルカリを始めて成功した物販ビジネス

現在輸入ビジネスで月収100万円以上を稼いでいます。 その経験を活かしてメルカリ、ヤフオク、BASE、Amazonなど物販ビジネス全般でお悩みの方、これから始められる方の参考になる記事を書いてサポートいたします。 また、お小遣い稼ぎ程度で気軽に行える副業についてもご紹介しております。

副業でメルカリを始めて成功した物販ビジネス

WAONカードのポイントを現金化する方法を詳しく解説します!

f:id:nikaidonet:20180331102734j:plain

WAONカードはイオンが提供している電子マネーカード

このWAONカードに現金をチャージしておくことで利用可能店舗で簡単に使用することが可能です。

 

全国の取り扱い店舗一覧

www.waon.net

 

電子マネーは現金化できない

そんな便利なWAONポイントですが、利用可能店舗を利用することがない方にとっては使い道に困ってしまいますよね。

 

そこで考えるのがWAONカードにたまっているポイントの現金化でしょう。しかし、WAONカードに限らず電子マネーは基本的に一度チャージしたポイントの払い戻しや現金化は行えないのです。

 

ネットで調べても有力な情報は掴めず、、

ネットでWAONポイント現金化について検索してみると、「WAONポイントを現金化する方法」 がいくつも表示されました。しかし、実際には肝心の現金化するための詳細については残念ながら紹介されていません。

 

ざっくりと紹介されていた方法は家電、ゲーム機、ブランド品などの換金率の高い商品を転売する方法です。しかしどこで買ってどこで転売すればいいのか、具体的には何を購入すればいいのかわからないですよね。具体的な方法が記載されていなければ実現させることも困難です。

 

現金化するにあたっての条件は即金性と換金率

 WAONポイントを現金化するために最低限満たしておきたい条件の1つとして即金性が重要視されるでしょう。

 

ブランド品を転売するにしても実際に出品したからといってすぐに売れるかというと微妙なところです。さらには個人でブランド品を販売するのは危険性も高く、最悪の場合は取り込み詐欺にあってしまうことも。

 

そこでリサイクルショップや質屋に買い取りを行ってもらう場合を考えてみても、もう1つの重要な条件として挙げているWAONポイントの換金率が非常に悪くなってしまいます。

 

家電やゲーム機に関しては詐欺などの危険性はありませんが、重量や精密機械であることから送料が割高になってしまいます。WAONポイントの換金率を考えると、送料が高くなるのは控えたいところ。送料を着払いに設定した場合でも換金率を重視して定価に近い価格で販売してしまっては誰も購入してくれる方はいないでしょう。

 

そうして売れない日々が続いてしまうと、保証期限がどんどん迫り更に安値に設定しないと売れないという悪循環に陥ってしまいます。

 

即金性と換金率が高いWAONポイント現金化の方法を考案しました

私自身、WAONカードは所持していますが、正直あまり使用はしておりません。しかし、本業が中国輸入のため、ネットでの物販は普通の人に比べるとかなり精通している自信があります。

 

そんな中で、WAONカードに貯まっているポイントを換金率、即金率全てに優れている現金化方法をふと思いついたのです。単純な方法ではあるのですが、あまり思いついている方はいないようでそれほど出品されていません。

 

WAONカードを現金化する方法はレターパック

それではWAONポイントを現金化する方法をご紹介していきましょう。

まず現金化するために購入するものは、日本郵便が提供している配送サービスであるレターパックです。料金kはそれぞれ360円と510円

 

レターパックについて

www.nikaido.site

 

レターパックはローソンで購入します

f:id:nikaidonet:20180331124454p:plain

ではWAONポイントでどのようにレターパックを購入するのか?

当然郵便局ではレターパックを購入することはできません。そこでレターパックが販売されているローソンで購入します。

 

実はローソンでは、レターパック以外にもWAONポイントを使用してお買い物をすることができるため、レターパックを購入して現金化するまでもないポイントであれば、雑誌や食品なんかも購入することができるんですよ。

 

販売はヤフオクでサクッと済ませちゃいます

f:id:nikaidonet:20171114104338j:plain

ローソンで購入したレターパックはヤフオクで出品して売却しましょう。

f:id:nikaidonet:20180331130519p:plain

こちらが実際にヤフオクで落札された出品。

1枚510円するレターパックプラスが10枚セットで5400円で落札されています。

ヤフオクでは落札代金の8.64%が手数料として差し引かれ、更に送料が350円必要となり、最終的な利益が4584円

 

定価で購入した5100円ー売却利益4584円=516円

 

ヤフオクの手数料や送料を合わせてもおよそ90%の現金化に成功するのです。

 

更にヤフオクではレターパックを出品している方が数人いらっしゃいます。その中で常に出品されているのは40枚以上の大量セットであり、10枚セットのような小ロットの出品はすぐに落札されており、即金性に悩まされることもありません。

 

なぜ定価より高く落札されているのか?

何故レターパックの定価より高値で落札されているのか気になりますよね?

それは、WAONポイントを現金化するためにこの記事を読んでいる少し似ていると言えるでしょう。

 

ヤフオクではTポイントカードのポイントを貯めたり、使用したりできます。Tポイントカードのポイントを付与してくれるサービスはヤフオクに限らず非常に多いため、貯まったTポイントの使い道の一つとしてレターパックを購入する人がいるのです。

 

 発送の際の送料を、貯まったTポイントを使って実質無料で送れるのではあれば非常に嬉しいことだと思いませんか?

 

つまりヤフオクでTポイントカードが利用できる限りはレターパックは落札され続けるというわけです。

 

ヤフオクをまだ利用したことがない方はあわせてこちらをお読みください。

www.nikaido.site

 

売れた場合の発送はゆうメールがおすすめ!

 レターパックのサイズはA4サイズなので安く配送できる方法として有名な定形外郵便はサイズオーバーとなるため、利用ができません。

 

そこでおすすめの配送方法が定形外郵便と同じ日本郵便のゆうメールです。

f:id:nikaidonet:20180327022415p:plain

ゆうメールは荷物の重量で送料が変わり、レターパック1枚の重さが51g

 

先ほど例としたレターパックプラス10枚セットであれば51×10=510円なので350円で送ることができます。

 

ゆうメールの詳しい利用方法などはこちらをご参考ください。

www.nikaido.site