副業からメルカリを始めて成功した物販ビジネス

現在輸入ビジネスで月収100万円以上を稼いでいます。 その経験を活かしてメルカリ、ヤフオク、BASE、Amazonなど物販ビジネス全般でお悩みの方、これから始められる方の参考になる記事を書いてサポートいたします。 また、お小遣い稼ぎ程度で気軽に行える副業についてもご紹介しております。

副業でメルカリを始めて成功した物販ビジネス

販売側が教えるネットで安く購入するために知っておきたいこと2

f:id:nikaidonet:20170904210032j:plain

 

最近、夜は涼しくなってエアコンなしでも寝られるようになってきました。

過ごしやすい秋が待ち遠しいです。

 

さて、以前に販売者側の違った角度から、お得に買えるコツ「画像の粗さに注意」を紹介させていただきました。

 

 

nikaidonet.hateblo.jp

 

今回はその続きです。

 

この記事の公開後、読み返したのですが私自身面白い内容だと思いました。

恐らく同じことを記事にしている人はいないのではないでしょうか。

 

ただ、安く買うコツというよりは損をしないためのコツになっていましたね。

 

次回お話しすると言った、もう一点似たような安く買うコツ損をしないためのコツを紹介させていただきます。

 

白抜き画像について

あなたはAmazonで少なくとも1度は買い物をしたことがあると思いますが、商品のアイキャッチであるトップの画像はほぼ全て背景が真っ白になっています。

 

この商品背景が真っ白になっている商品画像をを白抜き画像と呼んでいます。

 

白抜き画像は出品者がしたくてしているのではなく、Amazonが決めているルールに従っているだけです。

 

今回の損をしないコツはこの白抜き画像が関係しています。

 

白抜き画像はAmazon無在庫転売の可能性大!

 

先ほども言ったようにAmazonでは白抜き画像が必須です。

 

そして、Amazon無在庫転売なるものも存在しています。

nikaidonet.hateblo.jp

 

Amazonで1000円で売っている商品をメルカリやヤフオクなどで2000円で売り、売れた差額の1000円が自分の儲けになります。

 

この際にAmazon無在庫転売を行っているほぼ全ての方が、画像、商品説明まで無断で転載しているのです。 

 

画像まで転載しているということは、

 

必然的に白抜き画像を無断使用しているということです。

 

オークションサイトやフリマアプリで背景が真っ白な商品画像があればAmazonからの転売の可能性が高いです。

 

ただ、中には白抜き画像に編集して販売している方もいるので白抜き画像はAmazon無在庫転売と一概には言い切れません。

 

Amazon無在庫転売を見極めるポイント

 

白抜き画像だけではまだAmazon無在庫転売と決めつけることは難しいですが、可能な限り見極めるためのポイントを紹介します。

 

  • 画像が粗い

無断で転載しているため、キャプチャ保存するためのフリーソフトやスマホのスクリーンショットを使用しています。

ダウンロードなどをしているわけではないので目にわかる程画像が粗くなります。

 

  • 2枚目の写真がないorクオリティの低下

Amazonで出品されている転売されやすい非常に安価な商品はメイン画像のみで2枚目以降を載せていないものが多いです。

 

そのため白抜き画像一枚のみで出品されているものはAmazon無在庫転売の確率が更に高くなります。

 

また、実際に1個購入して自身で写真を撮影して2枚目以降にアップされている方もいますが、一枚目に比べるとクオリティの違いが一目瞭然です。

 

  • 工場からの発送

画像以外に、商品説明の中にも見極めるポイントがあります。

 

工場から発送しているため同梱は対応できまさん。

 

これ、よくみますが、単にAmazonの色々な出品者の方の商品を転売しているため同梱での発送に対応できないだけです。

 

実際私は1日の出荷数が数人ではさばききれない程あるので数社に外注していますが、競争の激しいこのご時世に同梱を対応しない業者さんなんていません(笑)

 

  • 発送日や到着までの時間が曖昧

自身で販売、発送までを行っているのであれば、注文確定から発送までに要する時間は自身が一番よくわかっています。

ところが、

 

発送までに2〜5日

都合次第では1週間前後かかる場合がある

 

このように自身が一番よくわかっているはずの発送の都合をかなり曖昧に記載されている人がいます。

 

自身で発送するのではなくAmazonでそれぞれ出品している人たちが発送しているので把握できていなくて当然です。

 

自宅の不用品を販売しているような方であれば発送が曖昧なのは理解できますが、

毎日毎日大量に販売している人が曖昧な記載をするのは明らかにおかしいですよね。

 

まとめ 

ここまで販売のコツ損をしないためのコツを紹介してきました。

 

白抜き画像には要注意

 

これだけでは一概にAmazon無在庫転売とは言い切れませんが、

 

画像が粗い

2枚目の写真がない

2枚目以降のクオリティの低下

工場からの出荷

 

以上4点の項目が白抜き画像を使用している商品に当てはまるほど無駄に利益を上乗せされた、Amazon無在庫転売である確率が高くなります。

 

2つ以上当てはまればほぼ確実、全て当てはまれば確実にAmazon無在庫転売商品でしょう。

 

ネットで買い物をする際にぜひご活用ください。

面白いと思っていただけましたらぜひ読者登録をお願いします。