副業からメルカリを始めて成功した物販ビジネス

現在輸入ビジネスで月収100万円以上を稼いでいます。 その経験を活かしてメルカリ、ヤフオク、BASE、Amazonなど物販ビジネス全般でお悩みの方、これから始められる方の参考になる記事を書いてサポートいたします。 また、お小遣い稼ぎ程度で気軽に行える副業についてもご紹介しております。

副業でメルカリを始めて成功した物販ビジネス

【Facebook】登録方法と活用方法~アカウント複数運用まで解説!

 

f:id:nikaidonet:20171208140342j:plain

誰もが知っていて一度は登録したことのあるFacebook(フェイスブック)

 

始めたばかりの頃は思うようにアクセスやフォロワーが増えずに、集客ツールとしての価値を見いだせない方が多いようです。

 

しかし、ビジネスを始めた初期からFacebookを続けていくことで必ずビジネスには欠かせない集客ツールへと化けてくれるのです。

 

今回はそんな便利な集客ツールであるFacebookの登録方法と活用方法をご紹介します。

 

ストック型メディアであるFacebook 

FacebookはTwitterのように最新情報の流れが非常に速いフロー型メディアと違い、投稿した記事や情報などが貯蓄されていくストック型のメディアとなります。

 

Facebook、Twitterのどちらとも投稿していると、特に変わりがないように思われるかもしれませんが実は違います。

 

Twitterは時系列順で最新の情報が新着として上部へ上がりますが、Facebookの場合は1週間や1か月前の記事も上部に表示されるため、新着情報全てが上部へ上がるわけではありません。

 

つまりFacebookは、相手を引き寄せるような質の高い投稿を心がけることで、その後もアクセスやフォロワーを流してくることが可能なストック型になるということです。

 

Facebookはネットビジネスで稼ぐために欠かせない集客ツール

Facebookでストック型メディアを意識しながら長期的に運用を続けていくことで必ず集客に効果があります。

 

物販などのネットビジネスでは主にホームページやブログを使った集客やGoogleなどのリスティング広告での集客が必要になります。

 

リスティング広告は即効性には期待できますが、それなりに高額な費用が必要となり、個人で行うには物販を始めたばかりの資金力ではあまり現実的ではありません。

 

一方でホームページやブログについては、一度アクセス数が集まりだすと非常に効率的な集客になります。

 

しかし、検索からの流入はある程度の運営期間を経て得られるものであり、初期段階にアクセス数を集めるためにはやはりFacebookなどのSNSを導火線とする必要があります。

 

そのため物販などのネットビジネスを始める際は必ず、SNSの運用も同時に始めてください。始めたばかりで投稿することがないと言う方は、自分が読んだ本で印象的だった部分を引用して投稿していくだけでも非常に効果的でフォロワーの獲得に繋がります。

 

Facebook登録方法

それでは実際にFacebookの登録方法についてご紹介させていただきますので、まだFacebookに登録したことのない方はぜひご参考ください。

 

まずこちらのFacebookの公式ページへアクセスしてください。

www.facebook.com

 

アカウントの登録

f:id:nikaidonet:20171207154958p:plain 

 こちらの赤枠部分を記入して「アカウント作成」ボタンを押してください。

 

氏名

Facebookの規約上では本名を登録する必要があります。

しかし、偽名での登録でも使用することは可能です。名前ではないような怪しい言葉を氏名にしていない限りはアカウントが凍結することもないでしょう。

 

電話番号・メールアドレス

 メールアドレスで登録する場合はGmailのようなフリーアドレスで登録しても問題ありません。

一度Facebookに使用したメールアドレスや電話番号では登録できないのでご注意ください。

 

 アカウント認証

f:id:nikaidonet:20171207192850p:plain

 

すると登録の際に記載したメールアドレス宛に認証メールが届くのでそちらからログインすればFacebookの登録は完了です。

 

写真では黒く塗りつぶしていますが、認証コードを求められる場合もあります。

 

Facebookアカウント複数運用は可能?

Facebookでは複数の個人アカウントを持つことは禁止されています。

 

しかし最近では会社や組織がFacebookを活用することが増えてきました。

そのため社員やメンバーが、個人アカウントで使用しているデバイスから管理するためにログインするケースが出てきまいた。

 

以前まではこのように同じデバイスやIPから複数のアカウントにログインを行うとアカウントが凍結されていましたが、Facebookの管理方法の変化に伴いこのようなマルチな管理でもアカウントが凍結されることがなくなりました。

 

複数アカウントの管理方法(スマートフォン)

f:id:nikaidonet:20171207205049p:plain

Facebookのアカウントは既に使用している人はアプリよりログアウトしてください。

 

 

f:id:nikaidonet:20171207205231p:plain

ログアウト後、ログインのページへ移動するのでマルチで管理したもう一方のアカウント(電話番号)でログインしてください。

 

f:id:nikaidonet:20171207210339p:plain

 

 電話番号でログインを行うことで次回からはパスワードを入力せずにプロフィールのアイコン画像を選択することでログインが可能になります。

 

この際に任意ですが、4桁のパスコードを設定することも可能です。

 

f:id:nikaidonet:20171207211039p:plain

 

アカウントを切り替えるときは通常通りログアウトを行うと複数アカウント登録後は、画像のようにアイコンが表示されるようになります。

 

しかし、アイコンでアカウントを切り替えるようにするためには、電話番号でログインする必要があります。つまりご自身で複数のアカウントを登録する場合はアカウント分の電話番号を用意する必要があるということです。

 

電話番号を複数持っておらず、メールアドレスだけで登録した場合はログイン画面下の「別のアカウントにログイン」より毎回メールアドレスでログインする必要があります。

 

複数アカウントの管理方法(PC)

PCから複数のアカウントを管理する場合は、スマートフォンアプリのように1タッチでアカウントを切り得ることはできません。

 

そこで私はGoogle chromeやMicrosoft edgeなどで複数のブラウザを使用してアカウントを複数管理しています。

そうすることでわざわざログアウトを行わなくてもブラウザを切り替えるだけでFacebookのアカウントを管理することができます。

 

電話番号認証(SMS認証)

Facebookはメールアドレスだけで登録することも可能ですが、SMS認証を行っているアカウントと比べてアカウント凍結になる可能性が高くなります。

 

せっかくフォロワーも増えてきて集客ツールとして欠かせない存在になった時にアカウントが凍結されないためにも電話番号での認証は予め行っておくことをおすすめします。

 

電話番号は基本的には1つしか持っていないと思うのでfacebookを利用していない家族にお願いすることもできますが、ヤフオクなどでSMS認証代行をいている業者がいるのでそちらにお願いすることもできます。

 

SMS認証を業者にお願いするとアカウントの停止になる可能性があると言っている方もいますが、そんなことはありません。

 

アドレスだけの登録でアカウント停止になってしまう前に、業者に頼んででも認証しておくことをお勧めします。

 

 

  check!
  • ストック型メディアであるFacebookはビジネスには欠かせない集客ツール
  • Facebookではいつの間にか複数のアカウント管理が認めれるようになった。
  • スマホアプリからはアイコン画像だけでアカウントを切り替えることが可能になった
  • PCの場合はブラウザを複数使用することでアカウントの使い分けが簡単に行える